関連記事
「本物の男300」カン・ジファン_ツンデレエース昇格
Date. 2018-10-15

「本物の男300」カン・ジファン_ツンデレエース昇格

https://mimgnews.pstatic.net/image/076/2018/10/13/2018101401001072000083361_20181013091348360.jpg?type=w540

カン・ジファンが同僚へ温かく接しながら手助けする姿を見せ「ツンデレエース」として名をあげた。
12
日に放送されたMBC「本物の男300」では陸軍が分野別に優秀な戦闘員300ウォーリアーを選抜する過程で名誉300ウォーリアーになるために奮闘する教育生達の姿が本格的に放送された。団結力と協同心が確認できる木棒体操から戦友と一緒に塀越え訓練、総合障害物訓練などが教育生を待っていた。

この放送でカン・ジファンはコンディションがすぐれないにもかかわらずツンデレエースとして猛活躍、心温まる同僚愛までも見せた。訓練前から正常的なコンディションではないにもかかわらず、それをアピールせずに木棒を上げたり下げたりする過程で腰の痛みを訴え、続ければ大きな負傷を招く恐れがあると判断し、例外を決心した。この過程で自分が例外として抜けたため、自分の分まで背負うことになった残りの教育生のことを考えながら申し訳ないという気持ちを述べた。

体の調子が良くないにも関わらず、訓練を再開しカン・ジファン特有の頑固たる精神力で訓練に誠実に挑んだ。戦友との塀越え訓練に突入すると、抑えていた勝負欲が生え上がった。教育生達と動線と呼吸をチェックし、同僚に自分の肩を差し出したりもした。そんな過程で教育生との呼吸が合わされ完璧に塀越え訓練を終えた。

特に、カン・ジファンは女性戦友が途中で足に力が入らず塀越えができずにいることを察知し、先に女性戦友の足に問題がある状況を説明し、手助けができるかどうかについて先に提案をするといった暖かな心遣いまで見せ、「ツンデレエース」としての魅力を爆発させた。

一方、カン・ジファンは来る117日に初放送されるKBS2 新水木ドラマ「死んでもいい」で殺したいほど(?)憎たらしい上司ぺク・ジンサン役でコミカルなキャラクター表現に様々な表情演技までカラフルな変身をし視聴者にお目にかかる予定だ。
 

 

https://entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0003328140