関連記事
「死んでもいい」カン・ジファン“ぺク・ジンサン、悪徳上司最高棒”
Date. 2018-10-22

 死んでもいい」カン・ジファン“ぺク・ジンサン、悪徳上司最高棒”    

 

https://ssl.pstatic.net/mimgnews/image/076/2018/10/22/2018102301001898700147131_20181022132524680.jpg?type=w540 

俳優カン・ジファンがドラマ「死んでもいい」への愛情を表した。

来る117()に初放送されるKBS新水木ドラマ「死んでもいい」での悪徳上司“ぺク・ジンサン”チーム長(カン・ジファン)とのそ部下社員“イ・ルダ”代理(ぺク・ジンヒ)が繰り広げるオフィス激戦期を描いたドラマ。同盟の人気ウェブコミックを原作とし、現実社会での会社員達の生き様をリアルで愉快に描きあげ、視聴者に共感を届ける予定だ。
劇中、名の高い悪徳チーム長のぺク・ジンサンに変身したカン・ジファンは様々な作品で見せた強烈な熱演を通じ、「信じて・見る・俳優」と視聴者から選ばれた俳優である。そんな彼が今回の作品で誕生させる“鋭敏で憎らしさの極地}といったキャラクターを演技することでもっと関心が高まっている。

カン・ジファンは「今まで時代劇、捜査物、復讐物など様々なジャンルを演技してきたが、ロマンチックコメディーがしたくてしょうがなかった。そんな中「死んでもいい」の台本を見てすぐに決定した。」とこの作品の出演を決心したきっかけを明かした。

続けて、「ぺク・ジンサンとは、いったあんな上司が実際にいるのだろうか?」というほどの悪徳上司の最高棒である。原作のポイントをカン・ジファンが新しくアレンジし、現実で見ることのできる憎たらしい上司”ぺク・ジンサン“キャラクターを作り上げるのに重点をおいた。とキャラクターに対する深い研究力までを追加し作品に対する燃え上がる熱情を明かした。

このようにカン・ジファンはぺク・ジンサンのキャラクターに対する深い分析はもちろん、演技に対する熱情を爆発させ撮影に挑んでいる。「カン・ジファン表ペク・ジンサン”、“カン・ジファン表悪徳演技」の誕生を予告し、人生キャラクターの更新に対する期待度を上げている。

悪徳上司として帰ってくるカン・ジファンに会えるのはKBS新水木ドラマ「死んでもいい」、来る117日水曜日初放送される予定だ。

 

 

https://entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0003332584