関連記事
「朝鮮生存記」第二話 カン・ジファン、21世紀→朝鮮時代タイムスリップ...今後の展開「関心」
Date. 2019-06-10



俳優カン・ジファンが労を惜しまない熱演でTV朝鮮「朝鮮生存記」の楽しさを倍増させた。

去る9日放送された「朝鮮生存記」では、ジョンロク(カン・ジファン)が宅配便のトラックと一緒に朝鮮時代にタイムスリップした。

この日ジョンロクはヘジン(キョン・スジン)との出会いの後、愛した女性への申し訳ない思いと、自分の無力さを責めるし苦しんでいた。

ジョンロクは悲しみに陥っている代わりに、江原道へ宅配することになった。宅配便のトラックにこっそり搭乗した妹・スルギ(パク・セワン)と一緒に移動していた彼は、偶然ヘジンとガイク(イ・ジェユン)の交通事故を目撃した。怪我をしたがガイクを直接移送していたジョンロクは霧の中を走っていたトラックが変なところに墜落し、朝鮮時代にタイムスリップした。

朝鮮時代に来たジョンロクはヘジンと二人きりで残され、スルギは消えた。ヘジンがジョンロクをせいにし婚約者を心配すると、彼は申し訳ないと思う感情もつかの間、かっとし虚空に向かって怒った。以後見知らぬ状況に置かれた二人は、昔の思い出を思い出させて切ない感情を交わした。

この日の放送でカン・ジファンは、繊細な感情演技でドラマ蓋然性に力を加えた。婚約者ガイク心配ばかりして自分を責める・ヘジンに怒って一人で怒りを押しながらも、怪我をしたヘジンを心から心配している様子は、視聴者を切なくした。

また体を張った熱演とカン・ジファン特有のウィットあふれる台詞処理は笑いをプレゼントして没入度を高めた。これ本格的に繰り広げられるジョンロクの朝鮮生存記に多くの期待が集められる。

カン・ジファン主演の「朝鮮生存記」は毎週土、日曜日の午後10時50分放送される。

出処:https://entertain.naver.com/read?oid=312&aid=0000392144 抄訳