関連記事
「朝鮮生存記」カン・ジファン、タイムスリップで朝鮮時代に不時着
Date. 2019-06-17




ドラマ「朝鮮生存記」で、元アーチェリー代表であり、現在宅配ドライバーのカン・ジファンがタイムスリップにより、朝鮮時代に移動した。

15日午後放送されたTV朝鮮週末ドラマ「朝鮮生存記(脚本パク・ミンオ、演出チャン・ヨンウ)」でハン・ジョンロク(カン・ジファン)の妹ハン・スルギ(パク・セワン)、前恋人イ・へジン(キョン・スジン)と一緒に朝鮮に不時着した。

朝鮮にタイムスリップしたジョンロクとへジンは盗賊に捕らえられた。最初からジョンロクは馬に縛られる侮辱を受けた。狩猟の本拠地に連行されたジョンロクは木にぶら下がり盗賊が遊びで撃つ矢の標的の役割をしなければならなかった。へジンも、他の盗賊屋から危ない目にあった。

そんな中、盗賊師のクンオモニが心停止で倒れ、医師のへジンが現代にいるときに携帯していた自動除細動器を活用して、患者を生かした。これにより、狩猟の間でジョンロクとへジンに対する認識が肯定的に変わるようになった。心停止状態でへジンのおかげで助かった患者は、感謝の気持ちを込めて夕食をもてなした。

スルギは林巨正(ソン・ウォンソク)と出会い、彼は自分の友人に助けを要請してスルギの兄であるジョンロクを捜すことを助けた。狩猟の本拠地を訪れた林巨正とスルギはそこでジョンロクとへジンを見つけることができた。

ジョンロクとスルギ兄妹は、脱出の計画を立てた。スルギは「一緒に乗っていた車がタイムカプセルの役割をしてタイムスリップが起きたみたい」と述べた。ジョンロクも「じゃあ、まず、私たちが乗っていた車に行って手がかりを探そう」と述べた。


出処:https://entertain.naver.com/read?oid=108&aid=0002790481 抄訳